なかよしタイムの風景

  皆様、こんにちは。

  

 5月25日(金)の昼休みに、「なかよしタイム」がありました。1年生から6年生の縦割り班で、一緒に遊ぶ時間です。6年生がリードしながら、校庭で遊ぶ班と教室で遊ぶ班に分かれて、縦割りの班で仲よく遊びました。

 「障害物リレー」「だるまさんがころんだ」「何でもバスケット」「新聞紙面からの文字さがし」などなど…。活動場所として割り当てられたスペースで、上手に、楽しく遊んでいました。高学年が、下学年に対し、思いやりの心をもって、優しく接していました。

 自分が幼いころは、特に約束していなくても、校庭や公園に出かけていくと、そこで遊んでいる高学年のお兄ちゃんやお姉ちゃんが、遊びに混ぜてくれました。小さい私には特別ルールを作って、なんでも大目に見ながら参加させてくれました。「なかよしタイム」の風景を見て、自分の小さい頃の風景が、突然、鮮明に蘇ってきました。

 「なかよしタイム」は、名瀬小学校の特色ある教育活動の一つです。子どものたちの優しい心を育てる教育活動だと思います。これからも、大事にしていきたい活動です。