Pハート隊結成祝辞

                    第12代校長 川村真弘

 

 連日の猛暑。連日の感染症対策。今日も神奈川県には熱中症警戒アラート。エアコンも利きが悪く・・・。暑すぎです。そのような中、お忙しい中をお集まりいただき誠にありがとうございます。
 本日は「地域学校協働本部:Pハート隊」の正式な立ち上げ、菅谷副校長の見識と本部役員の腹子本部長・佐々木副本部長・山中会計・加藤会計監査・川口運営委員が率先垂範するPハート隊の総会及び第1回全体顔合わせ会です。

 例えば「並一見守り隊」40年ほど昔。金沢シーサイドタウン連合自治会初代会長の冨澤様が、とある事件を契機に全国的に結成された見守り隊:並一学援隊の初代隊長でした。冨澤様は長く校内パトロールもしてくださっていました。私は、本校着任以来、冨澤様と職員室でお茶することが毎日の日課、楽しみでした。 

 以来、奥様も今回で言う「飼育・栽培支援隊」隊長としても長く学校を守ってくださっています。今夏も毎日学校に来てくださっています。私たちが閉庁期間を設定できるのも、冨澤さんや社会教育文化スポーツクラブ並木ミニバス、少年野球フェニックス・並木サッカーチーム等、並木北コミュニティハウス・放課後キッズクラブのおかげです。

 「図書支援隊」は長きにわたり森先生にご尽力いただき既に3つの組織が子どもたちを支援してくださっています。きらきら読書応援隊・お話パレット・うきうきブックの皆様が長く広く深く情操教育の一翼を担っています。 

 「1年生支援隊」は現在金沢小学校長の中山先生をリーダーにして第9代岡まゆみ校長時代に幼保小連携・スタート・アプローチ・接続期カリキュラムを推進した伝統があります。以後、第10代上條雅子校長時代に発展・深化・熟成しました。新1年生ボランティア制度も仮クラス方式(つい最近まで赤・青・黄クラスから始まっていました)も並木第一が横浜市の先駆でした。

 「学習支援隊」「家庭科支援隊」はまさに草の根の総力。愛情の結晶。開校以来42年分の先生方と保護者が培って、近頃では窪先生がレベルアップしてくださいました。

 そして、腹子さん、御書さん、佐々木さん、山中さん、宮崎さん、川口さん、來迎さん。ここ近来のPTA会長さんがこれらの長き伝統を引継ぎ、保護者と地域の絶大な力を結集して学校を現在も全面的に支えてくださっています。坂井先生、佐野先生がその頃の教務主任。今、横溝先生が引き継いでいます。横溝先生はさらに国際教室関連では今や全市の相談役、大学連携推進、教育長・教育委員への情報提供・全国区へと、大きく飛躍・発展させています。・・・・・・。

 とは、ホントにおおまかなざっくりとした概要です。坂井先生・佐野先生・寺島先生・春木先生・小杉先生・原田先生・落合先生・森先生・江守先生・窪先生そして薮崎先生(日本語教室も長き伝統があります。私は若い頃も薮崎先生に他校でお世話になりました)に聞いてみた方がもっと分かり易く・リアルにご存知です。

 つまりは42年分の大勢の保護者・地域の支援を受けて現在の並木第一があります。今日はその集大成のひとつと位置付けています。菅谷副校長先生が丁寧に慎重に、そして、経験と見識の裏付けを元にして、とても素敵なPハート隊を運営・垂範しています。法律で国や市が目指す地域とともに歩む学校・コミュニティスクール構想実現。そのための2つの大きな柱が「学校運営協議会」と「地域学校協働本部」です。

(全国設置率 運営協議会23.7%。協働本部50.5%。両方19.1% 2019文科省調査)

 本日は伝統と礎への感謝と今後の展望を楽しく語り合えれば良いなって思います。どうぞよろしくお願いします。

 私にとりましては、歴代校長、近々で言えば「岡まゆみ校長・上條雅子校長・小菅直美校長」の後任としての責務を定年退職時にようやく果たせそうです。

 本日お集りの全ての皆様に深く感謝します!!!

 ありがとう。&どうぞよろしく!!!