令和2年度の個人面談は三者面談ではなく、しかも希望制にしました。学校を再開してわずか1か月半ですが、個人面談の必要性を考慮して実施することにしました。このような状況下ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。新型コロナ感染症拡大予防対策をこれまで通り講じ、特に、学校は子どもたちが約400人おりますのでクラスター発生源にならないよう個人面談にお越しの保護者の方々のご協力も得て細心の注意をして実施したいと存じます。

 

 令和2年度の希望制個人面談について

  学校は6月に授業を再開してようやく1か月が経過しようとしています。
 子どもたち、保護者の皆様のご理解とご協力を得て本日まで無事、過ごすことができました。深く感謝申し上げます。例年ですともうすぐ夏休みを迎えるところですが今年度は学習時間確保のため7月末まで授業を行います。
 さて、所謂「ウィズコロナ」新様式で学校生活の過ごし方を模索・実践する中で、私たちは多くの行事を中止し3密を避け、手洗い励行・マスク着用、人と人との適切な間合いを保ちながらの授業や厳選してPTA会議等を行っているところです。
 今年度は、家庭訪問も授業参観・懇談会も実施できずにおりますので、希望制の個人面談(三者面談は実施しません)を計画いたしました。
 しかし、このような状況下ですので経済活動を重視して勤務等を優先される方、健康面で不安のある方は、時期を改めたり、相談は電話や連絡帳でも可能ですのでご遠慮なく担任までお伝えくださいますようお願い申し上げます。
 そこで面談当日は、スリッパ持参、マスク着用と可能なら手指消毒用の消毒液を持参いただくか学校到着後及び面談終了後速やかに手洗いをお願いします。面談後翌日登校する児童のために消毒作業をしますので、今年度の面談は午後4:30を終了とします。学校は400名以上で過ごす大環境ですのでクラスター発生源とならないよう細心の注意をはらいたいと思います。ご理解、ご協力をお願いします。