令和2年5月8日

保護者様

横浜市立並木第一小学校

校長  川 村 真 弘

 

5月以降の学校行事の中止・延期について

 

「わたしの生活は わたしが創ります」と、長い休校期間を自律して過ごす子どもたちとご家庭のご指導に感謝します。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた様々な取り組みにつきましては、多くの賛同を得て、改めまして、並木第一小学校PTAの結束力・団結力を頼もしく思い、敬意と感謝の意を表します。

さて、神奈川県が緊急事態宣言を発出してからおよそ1か月。そして、この度は休校期間の延長・・・。私たち並木第一小学校の子どもたちも保護者・教職員も、手洗い、換気、マスク着用の励行や所謂「3密」を避け、人と人との接触機会を8割減らす努力を重ね、2m以上離れるフィジカル(ソーシャル)ディスタンスを守る等の行動変容を図ってまいりましたが新型コロナウイルスによる感染拡大は収束していません。学校では一日も早い授業再開を願っていますが、引き続き神奈川県、横浜市、関連各機関と連携して子どもの命を守る行動を、一段と気を引き締めて続けてまいります。

そこで、児童の命を守り、保護者や地域の方々の命を守るために5月に予定していた家庭訪問、PTA総会・運営委員会、学校説明会、クリーン並一、運動会並一カップ、引き渡し訓練を中止することにいたしました。定期健康診断につきましては横浜市医師会、歯科医師会と協議した結果9月以降となりました。尿検査につきましては改めてご連絡します。また、教育委員会より8月31日までの学校行事の延期・中止と9月以降の行事検討の指示も出ております。

本校の3大行事の一つ参加者1300名を超える大規模イベント運動会「並一カップ」ですが、児童・保護者・地域の皆様の健康安全及び安心を最優先し甚だ残念ですが中止と判断しました。秋~冬への延期を考えましたが他の大きな行事、6年生の体育大会、4,5年生の宿泊体験学習、5年生の球技大会、3年生の音楽会、並一博、作品展等々と重なり日程を確保できません。但し、6年生にとりましては小学校時代最後の運動会ですので安全が確認出来たら、児童体育大会演技及び競技等を児童・保護者の皆様に披露できる場面を設定します。他の学年も集会活動を参観できる日を計画します。また、今年度は授業時数の確保にも工夫が必要です。そのために学校行事を削減することも解決策の一つとなります。何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

他にも7月行事予定の修学旅行は冬へ延期、地域恒例サマーフェスティバルは中止と連絡を受けました。11月に予定していた個別支援学級合同宿泊体験学習につきましても既に全市一斉で中止となりましたことも再度お知らせします。