2020年の国際教室の学習も順調にスタートしています。

国際教室に通う子どもたちからは、楽しかった冬休みの話をたくさん聞くことができました。

 

冬休みに、あーすぷらざから「カナガワビエンナーレ国際児童画展」の作品をいただきました。

毎年、世界中から集まった作品を校内作品展で展示しています。

今まで集めていた作品を含め、今年は70カ国の子どもたちが描いた作品を展示することができそうです。

1枚、1枚の作品を確認していると、色彩、描かれている風景、人、街並みがそれぞれ違います。

70カ国のモノを一度に見る機会はあまりありません。

絵を見ていると世界1周した気分になります。

作品展の開催が待ち遠しいです。