国際教室も夏休み明けの授業がスタートしました。

授業のはじめには、それぞれの夏休みの様子を伝え合いました。

一人ひとり楽しい夏休みを過ごしたことがわかりました。

6年生の算数では、「およその面積」について学びました。

「およそ」を別の言葉で言うと?という質問に「約」、「だいたい」等の返答がありました。

さすが6年生。語彙が増えていることがわかります。

学習では、東京ドームの面積、阪神甲子園球場の面積等を計算でもとめました。

夏休み明け初日も落ち着いて学習する姿に成長を感じました。

国際教室後方では、3年生が「あまりのあるわり算」を学習しています。

まだまだかけ算の特訓が必要です。

 

夏休み中、たくさんの研修を受けました。

夏休み明け、さらに子どもたちの語彙を増やし、子どもたちの文化を大切にし、さらに子どもたちの文化を広めていきたいです。