今年も本校は横浜市南部地域療育センターと定期的に連携を深めます。

本日はソーシャルワーカー2名が来校し、児童観察等を行いました。

特別支援コーディネーターの横溝教諭をリーダーに各担任とコンサルテーションを行います。

児童の特性を理解したり、授業改善をしたりします。

各クラスに常備するタイムタイマーや指示が絵や文字で掲示されているのも一つの成果です。

互いの専門性を生かし、並一の子どもたちの成長に役立てます。