豊かな情操を養う機会を拡大するため、本校では9月15日に中学年児童を対象に横浜市芸術文化教育プラットホームのお力添えで学校教育とアートをつなぎました。

異なる歌声が一つの世界を構築する驚きや喜びをソプラノ歌手、バリトン歌手、ピアニストが来校し、子どもたちの感性をみがく体験学習をしてくださいました。

その時の様子が「アーティストが学校へ」(横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局編集)の冊子に掲載されました。