7月1日より今年度の給食が始まりました。昨年度から四ヶ月ぶりです。1年生にとっては小学校での初めての給食です。

 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、今までより感染防止に努めた給食活動になっています。水道には、今日から自動手洗い石けん器を設置しました。固形石けんより泡石けんの方が、子どもたちの抵抗感が少ないと考え設置しました。子どもたちは喜んでよく手洗いしていました。

 給食では、「いただきます」のあとにマスクを外します。そして、全員前を向いてお話しをしないで食べます。友達との会話は出来ませんが、子どもたちはとても静かに落ち着いて食べていました。全ての子どもたちにとって、給食の時間が楽しい時間になるよう教職員で共通理解しています。安全・安心で楽しい給食活動を今度も実践していきます。

   
 登校したら、教室に入る前に石けんで手を洗います。
   
自動泡石けん器を子どもたちは喜んでいました。給食前にも石けんで手を洗います。
   
   
   
   
 今日の献立は、麦ご飯、ツナそぼろ、豚汁、牛乳でした。どの子も、とてもよく食べていました。
 全員前向きで静かに食べられました。食べ終わった後は、歯みがき活動も行います。1年生については、給食活動に慣れてきたら徐々に歯みがき活動を行っていきます。