12月23日の給食は、はいがごはん、コーンサラダ、発酵乳、そして「吉田新田スープカレー」と名付けた中村小の独自献立でした。今日のカレーには、横浜で初めて作られて日本中に広まった野菜(横浜開港菜)が使われています。横浜開港菜のいくつかは、南区の一部でもある「吉田新田」で初めて栽培されました。今日の給食で使われたカリフラワー、芽キャベツ、セロリ、キャベツが横浜開港菜です。子どもたちも美味しそうにたくさん食べていました。