都筑警察署の方をお招きし、安全な歩き方について「とび出さない」「道路で遊ばない」「信号を守る」ことを教えていただきました。歩行中の事故は、年齢別にみると7歳が突出して多く、「とび出し」が原因だそうです。

子どもたちが自分の身を自分で守れるよう、今日学んだことをしっかり覚えてこれからの生活に生かしてほしいと思います。