4年生では、総合的な学習の時間の授業で福祉について学習しています。

福祉体験では、点字を打つことができる点字器や白杖、車いすなどを借りて校内で体験しました。車いすではスロープがあっても傾きが急だと上りづらいことなどに気付き、まちづくりの工夫に関心をもちました。その後まち探検に行き、ゆるやかなスロープや点字ブロック、音声案内などはさまざまな人がくらしやすい工夫のひとつであることを実感しました。

体験を重ねながら、障がいのある人や福祉施設のスタッフの方々とふれあいたいという思いをもちました。今後は、活動を通して自分の考え方を振り返ったり、さまざまな人と自分はどのようにかかわっていくかを考えたりする学習へと進んでいきます。