図工の「ぬってかくして」では、〇や□の形を使って自分のイニシャルを隠しました。上手に隠すために、隣どうしの色が重ならないように塗り、素敵な作品に仕上げました。