図工の「のぞいてみると」では、箱の中の世界を想像してつくりました。箱に穴をあけて差し込む光の方向や色を工夫して表しました。光の具合により見え方が変わることを楽しみました。