横浜市資源循環局の方々による出前授業が行われました。

子どもたちは、社会の「ごみはどこへ」の学習と結びつけながら、目を輝かせ話を聞いたり、体験をしたりしました。

特に、本物のごみ収集車にごみを入れて、操作ボタンを押すことができ、とても喜んでいました。