4年生は視覚障がい者の井上さんに、お話を聞いたり、アイマスク体験をしたりしました。「誘導する人の声かけが大切だよ。」とボランティアの方に教えていただきましたが、いざ体験してみると、アイマスクをしている人の気持ちを考えずにどんどん先に進んでしまい、悪戦苦闘していました。学習後、目の見えない人はできないことが多いと思っていたけれど、自分達と同じように生活できることを学びました。