緊急時の安全対策について 横浜市立黒須田小学校

1 基本的な考え方
 どういう緊急事態(地震・気象・事件・事故など)が、どういう状況(現在・今後・推移・予測など)であるかによって
対応は様々考えられます。
 その中で、今年度は、校外安全委員会でも検討を重ねた結果、緊急下校における下校時・家庭内での児童の安
全確保を重視し、下記のような場合は、学校留め置き・保護者の引き取りを原則とすることといたします。
 ・震度6以上の大規模地震発生時またはそれ以下でも被害があったとき
 ・暴風警報、大雪警報発令時、または予想されるときで早めの下校になるとき
 ・その他、児童の安全のため、特に保護者引き取りが必要な場合
 また、次のようなときは、集団下校を原則として考えます。
 ・通常の下校時間帯で、不審者が出る、天候不良の場合など個々で下校するのは危険と判断されるが、
  保護者の引き取りまでは必要ないと判断されるとき
 以上を原則として考えますが、安全第一を基本に、その都度把握できるあらゆる情報をもとに判断し、学校留め
置き、保護者引き取り、集団下校などの対応をします。また、近隣の学校の措置なども考慮し、最終的には学校
長が決定します。

2 考えられる事態の想定
 ①自然現象によるもの 
  ・地震(警戒宣言発令時、地震発生時~規模や被害状況が異なる)
  ・気象(台風など低気圧の接近による暴風雨、大雪、雷雨など)
 ②人的なもの
  ・学区内(近隣)の事件、事故(火災、爆発、犯罪、異臭、不審者など)
  ・学校内の事件、事故(不審者進入、火災、爆発、食中毒など)

3 児童登校後の緊急対応 
  様々な状況を考慮し、学校が判断します。連絡はメール配信、学級緊急連絡網で連絡します。



4 大規模地震の対応
警戒宣言発令
 
メール配信・連絡網を使用して保護者引き取り。(解除まで自宅待機)
発生
被害状況軽微、余震の心配、通学路の安全
状況により、メール配信・連絡網を使用して保護者引き取り、または集団下校(連絡網使用不可の場合は、原則留め置き・保護者引き取り)
発生
被害大、家屋崩壊、通学路危険
メール配信・連絡網使用可・不可に関わらす、留め置き・保護者引き取り。

5 台風接近・大雪の対応
接近、風雨強まりつつある、降雪多くなりつつある気象状況
(大雨注意報、大雨警報、大雪注意報など)
状況により判断。
・緊急下校
 メール配信・連絡網を使用して保護者引き取りの場合あり
・ほぼ通常下校時間帯で危険が少ない場合
 メール配信・連絡網を使用して集団下校の場合もあり
台風急接近、下校に危険だと判断 メール配信・連絡網を使用して留め置き(保護者引き取り)、通過後は集団下校の場合
もある。
暴風警報、大雪警報発令 メール配信・連絡網を使用して留め置き・保護者引き取り

 

6 事件・事故(学区内・校内)の対応

事件・事故の状況判断、通学路安全 メール配信・連絡網を使用、集団下校の場合あり(一部通学路変更も)
教師誘導による地域別の集団的下校も(通常下校による低・中・高別、低・高別など)       
校内の方が安全、通学路危険 メール配信・連絡網を使用して留め置き・保護者引き取り(安全確認後、集団下校の場合も)

7 風水害などの「警報」発令時における登下校について
(1)横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「暴風警報」「大雪警報」が午前7時の段階で発令継続中の場合は、お子さん
   の安全確保のため、当日は「臨時休業」になります。学校からの連絡はいたしません。この日の給食は全市一斉に中止になり
   ます。TV、ラジオ、インターネットなどの情報にてご判断ください。
(2)「暴風警報」を伴わない「大雨警報」や「洪水警報」については、状況を判断して、無理のないようにお願いいたします。
  登校に危険を生じるような状況が予想される場合は、登校を見合わせる連絡を次の方法で行います。
 
   緊急事態発生
   学校→メール配信、もしくは各学級の電話連絡網の先頭の方→学級連絡網
 
  学校からの連絡がない場合でも、ご家庭の判断で登校を見合わせて結構です。遅刻、欠席とはなりません。
  集団登校期間中は、集団登校ができない旨を班長さんに連絡してください。
(3)児童が登校後「暴風警報」「大雪警報」が発令された場合は、状況に応じて下校指導します。「大雨警報」「洪水警報」についても
  同様です。ご家庭でもTV、ラジオ、インターネットなどにより情報を正確に把握するようお願いいたします。

8 留意事項、お願い
○留意事項
(1)緊急事態には、メール配信・学級緊急連絡網を使って連絡します。
(2)大規模地震発生時や暴風警報、大雪警報発令時には電話回線が不通になる場合も考えられますので、連絡ある、なしに関わら
  ず情報を得た時点で、ご来校ください。
(3)集団下校の場合、下校しても家に入れないとあらかじめ考えられる児童(学級や地区教室で把握)は、学校に留め置きます。家
  に入れると考えて集団下校したが、家に入れなかった児童は、地区集合場所で待つ教職員が学校に連れて戻ります。(校外委
  員・地区連絡係さんのご協力をお願いいたします。)
(4)安全度がかなり高いと判断したときは、教師誘導による地域別の集団下校(通常下校による低・中・高別、低・高別など)も考え
  られます。
○お願い
(1)児童引き取りの際は、児童引き取りカードに記載されている成人の方のみ、お引き渡しいたします。それ以外の方にはお引き
  渡しいたしません。(学校留め置き・保護)
(2)連絡網での連絡は、メモを取り、復唱確認して次の方へ。次の方へ連絡がつかない場合は一つ先の方に回し、「○○さんは留
  守です」とお伝えください。そして、後ほど改めて連絡をお願いします。
(3)連絡網での連絡が行き渡るまで一時間ほどかかります。これまでの訓練では、留守などでなかなか伝わらない状況でした。前
  の方に緊急時の連絡先(携帯電話番号など)を伝えておいていただけるとありがたいです。
(4)気象状況から、集団下校や留め置き・保護者引き取りが考えられそうなときは、できるだけ外出を避けて、自宅待機をお願いし
  ます。
(5)テレビ、ラジオ、インターネットなどにより情報(地震・気象・事件・事故など)のキャッチ、状況把握に努めてください。