12月17日(土)に、ウィンターコンサートが行われました。

 7組の子どもたちは、練習の時から、自分の学年の歌や曲が大好きになり、みんな一生懸命に練習をしました。交流学年での練習はもちろん、休み時間、7組の音楽の時間、学習の隙間時間・・・時間を見つけては、練習に取り組みました。

 本番の合唱では、「あ、今あの子の声が聴こえたぞ。」とわかる位に大きな声で歌う子や、遠くからでもわかる位に、口をいっぱいに開けて歌っている子の姿が見られ、その一生懸命な姿に、胸を打たれました。

 リコーダーに挑戦した子は、最初はしっかり指で穴を押さえられなかったり、曲の速さについていけない時もありましたが、本番では、練習の成果を発揮し、堂々と演奏できました。

 また、リズム楽器に挑戦した子は、曲調を掴んでリズムよく楽器を鳴らせるよう、曲を何度も聴いては繰り返し練習し、本番では、曲の要となるリズムをしっかり鳴らせました。

 ウィンターコンサートの活動を通して、音楽を楽しむ心が豊かになり、練習した分、力を発揮できる達成感を味わうことができました。

 とても素敵なウィンターコンサートとなりました。