3月30日(金)
暖かな日差しの中で、ついに学校が満開の桜に囲まれました。そして職員玄関横では、1年生が大事に育ててきたチューリップもきれいに開いています。春の到来です。

春は「出会いと別れ」の季節です。先日は、6年生が巣立っていきました。そして今日は、今年度で異動となる8名の教職員の最後の勤務日です。異動者からお別れのスピーチがありました。どの職員も小雀小に勤務できたことに喜びを感じているようでした。私もその一人です。かわいい純朴な子どもたち、子どもたちに愛情いっぱいの熱心な教職員、子どもたちを温かく見守ってくださる保護者・地域の皆さんに囲まれて3年間過ごせたことを、とても幸せに感じています。いつもブログを見てくださっている皆さんにも、心から感謝申し上げます。来年迎える創立50周年に向けてさらに学校が発展していくことができるように、今後ともお力添えをいただけましたら幸いです。

3年間ありがとうございました。