12月4日(月)
清掃時間中に地震が発生するという状況を想定して、避難訓練を行いました。子どもたちは放送を聞いて、まずはその場で自分の身を守り、揺れが収まったところで校庭に避難をしました。短時間でスムーズに避難することができ、毎月訓練を重ねている成果を感じました。「いつも教室にいる時に地震が起こるとは限りません。先生が傍にいない時もあります。そのような時は、自分で自分の身を守らなければいけません。自分で考えて、判断して、行動する習慣を日頃から大切にしていくことが、万が一の事態の際に大きな力を発揮します」という話をしました。