11月16日(木)
1,3,6年生で、第5回校内授業研究会を実施しました。子どもたちが考えを出し合いながら課題解決を行う姿が見られました。
<1年1組 生活科>「あきのあそびたい」
どんぐりなどを使って作ったあきあそびをもっと楽しくするにはどうしたらよいか、チームごとに話し合いよく工夫していました。
 
<3年2組 総合>「すがたをかえる大豆」
収穫した大豆でおいしいきなこを作るために、各グループでアイディアを出し合って話し合っていました。
 
<6年2組 総合>「小雀ばやしの伝統を絶やさないために」
小雀ばやしの魅力を伝え合い、その魅力を低学年に伝えるための方法をクラスで考えていました。
 
<研究協議>
子どもたちが主体的に学び合い、課題解決に向かうためのよりよい授業のあり方について、意見交換を行いました。