今日は2,4,6年生と4,5組の子どもたちが、日本赤十字社神奈川支部の指導員の皆様の指導により、着衣泳を体験しました。子どもたちは、服や靴に空気が入ると浮力が増すことを体で感じたことでしょう。また、空のペットボル1本が命を救う道具になるということに驚いたことでしょう。毎年偶数学年で実施している着衣泳が、万が一の事態の際に、尊い命を守るために効力を発揮すると信じています。