夏休みを活用して、様々な校内研修に取り組んでいます。今日は、外国語活動の研修を行いました。前半は、授業の進め方について確認をしました。外国語担当教員と校長が教師役になり、他の教員が児童役になって、模擬授業を行いました。実際に授業を体験する中で、いろいろな気づきがありました。後半は、教育委員会から講師の先生をお招きし、英語の実技研修を行いました。ペアやグループでやり取りをしながら、授業を進行する際に使用する英語表現について学びました。英語を使って活動を楽しんでいるうちに、あっという間に90分間が過ぎてしまった感じです。
外国語活動の目標は、子どもたちの「コミュニケーション能力の素地を養う」ことにあります。今日の研修で感じたことや学んだことを活かして、夏休み明けの授業がさらに充実してくることでしょう。