「理科室から出火」を想定して、避難訓練を行いました。子どもたちはハンカチで口を覆い、真剣な態度で校庭に避難してきました。4月の訓練に比べて、40秒程避難の時間を短縮することができました。子どもたちには煙の怖さについて話をしました。真剣な態度で繰り返し実施している訓練は、万が一の事態の際に、大きな力を発揮すると信じています。