4,5組の児童が、横浜美術館で「子どものアトリエ」に参加しました。子どもたちは、絵の具・粘土・紙などを使って、広い空間で伸び伸びと表現をしていました。図工の授業の経験を活かして、とてもよい作品ができました。「新聞プール」をはじめ、普段学校ではできないような活動を体験し、楽しい時間を過ごすことができました。
バスや電車の中では、周囲に気配りができるようになりました。時間を気にして上級生が下級生に声をかける場面も目にしました。校外学習に引率するたびに、4,5組の子どもたちが確実に成長していることを感じます。