今日は2年生の生活科の授業で、命について学習しました。養護教諭が授業に加わり、赤ちゃんがどう誕生するかについて、子どもたちに分かりやすく話をしました。その後、実際の重さの赤ちゃん人形を抱く体験をしたり、妊婦疑似体験エプロンを身に着けて動く体験をしたりしました。子どもたちから、「重い」「大変」という声が聞こえてきました。子どもたちは、自分を育ててくれたお母さんや家族に感謝の思いをもつとともに、命の尊さを感じることができたようです。 低学年でこのような学習ができたことは、今後の子どもたちの成長にとって大きな意味をもつことでしょう。