5年生は、社会科で森林について学習しているところです。今日の授業では、道志村の水源を守る活動をされている「NPO 道志水源林ボランティアの会」の皆様に来ていただき、学習を深めました。担任が道志村へ足を運び取材を重ねた上で、横浜市水道局の協力を得て実現することができました。

午前中は体育館で、道志村の檜の丸太を切ってコースターを作る体験をしました。子どもたちは苦労しながらも上手に切っていました。切り離した輪切りを磨くときれいなコースターが出来上がりました。よい記念になりそうです。
午後は、水道局やボランティアの方々からお話を伺いました。水源林を守る活動に関することやボランティア団体についてなど、途切れることなく子どもたちから様々な質問が出され、一つひとつの質問に丁寧に答えてくださいました。教科書からは学べないようなことまで分かり、とても充実した授業になりました。

貴重な学習の機会を提供してくださった「ボランティアの会」と水道局の皆様に、心より感謝申し上げます。