昨日、3年生で「耳のきこえ」について授業を行いました。戸塚小学校の「きこえとことばの教室」の先生が講師を務めてくださいました。子どもたちは、講師の先生の話を集中してきき、積極的に発言していました。人工内耳や補聴器の役割、それらを使用している人たちへ必要な配慮など、子どもたちはしっかり学んでいました。3名の保護者の方にもご協力いただき、補聴器からどのように音がきこえるか、一人ひとり体験することができました。紙がこすれたり風が吹いたり、わずかな音も補聴器を通すと耳に響くことに子どもたちは驚いていました。だれもが安心して過ごせる環境づくりについて、子どもたちの意識が高まったことでしょう。とても貴重な授業となりました。