今日は「防災の日」です。本校でも、震度7の大地震が発生したことを想定して、総合防災訓練を実施しました。毎月実施している避難訓練に条件を加え、放送機器が故障、東階段使用不可、けが人が発生などの状況の下で行いました。子どもたちは教員の指示に従って、真剣な態度で避難をしていました。
「自然災害をなくすことはできないが、被害を最少にとどめることはできる。そのために、普段からの備えが大切である。」と、減災について話をしました。
今日の「防災の日」をきっかけにして、各家庭でも減災について話題にしていただけたら幸いです。