2、4、6年生と4,5組の子どもたちが、着衣泳を体験しました。
まもなく楽しい夏休みがやってきます。
子どもたちには夏を満喫してほしいですが、夏に怖いのは水の事故です。
今日は、万が一の時に備えて、服や靴を身に着けたまま水に浮く体験をしました。
また、浮き具としてペットボトルが命を救ってくれることも体感することができました。

万が一に備えて貴重な体験ができましたが、子どもたちが安全に楽しい夏を過ごせることを心から願っています。
着衣泳の指導をしてくださった日本赤十字社神奈川県支部の指導員の皆様に、感謝申し上げます。