5年生が家庭科の授業で、こんろに火をつけ、お湯を沸かし、お茶を入れる学習をしました。
初めてこんろに火をつけるという子どもも多かったらしく、不安な表情をしている子もいましたが、全員が点火を体験することができました。お茶を初めて入れるという子もいました。
保護者の皆さん、学校での学習を生かし、ぜひご家庭でもお茶を入れてもらってください。
お子さんが入れてくれたお茶でほっと一息なんていいですよね。