今日は、今年度最後の音楽朝会で、1年生が「赤い屋根の家」という歌を発表しました。
聴いている人たちが元気になるような、1年生らしく、はつらつとした歌声でした。

1年生がぴしっとひな壇に立って、堂々と歌う姿を見ながら、4月6日の入学式を思い出しました。
右も左も分からない不安気な姿から、11か月足らずでここまで成長してきたことに感激しました。

あと1か月余りで2年生に進級します。
縦割り活動で上級生に優しくしてもらった感謝の気持ちを、今度は自分たちが新入生へ向けていく番です。
2年生としてどんな姿を見せてくれるか、とても楽しみです。