昨日1月18日(月)、朝起きると一面真っ白の雪景色。大きな雪が降り続いていました。今年の冬は暖冬ですが、エルニーニョ現象・黒潮(暖流)の蛇行の影響で、南岸低気圧が発達しやすいそうです。南岸低気圧は北に位置する寒気団から北風を呼び込み、雪を降らせます。大雪警報は出なかったものの、久々に「大雪」になりました。2年前を思い出します。
 明けた1月19日(火)は快晴になりました。富士山もとても綺麗に見えました。暖冬の影響で富士山の冠雪も例年より随分と少なめでしたが、昨日の雪で十分な雪化粧となっていました。