5年生が春から継続して学習してきた「お米プロジェクト」。田づくりから始まり、バケツ稲を作り、お米が実ってきたら鳥の被害から守り、丹精込めてつくってきたお米です。職員玄関横にある発信センターにも子どもたちの学習の成果が掲示されています。
 

 実りの秋。今日は収穫した稲を「脱穀」です。学援隊でもお世話になっている矢部さんを「まちの先生」としてお迎えし、脱穀機の使い方をはじめ、たくさんのことを教わりました。
 
 子どもたちの感想は、「意外と量がとれない。」「毎日おなかいっぱい食べるだけのお米を作るのは、とても大変だ。」などがあがりました。脱穀した後も学習はさらに続いていきます。今後も楽しみです。