3回にわたり、芸術文化事業の一環として、フラメンコ舞踏家の沼間先生がフラメンコ教室を開催してくれました。スペインのこと、フラメンコのことを学んだあとに、実際に手拍子(パルマ)や合図(ジャマーダ)のやり方を習って一緒に踊りました。最終日には踊り手(バイレ)、歌い手(カンテ)、ギター(トケ)、手拍子(パルマ)の4名が来校し、体育館でしっかりと距離をとった上で、本格的に踊っていただきました。外国の音楽文化に触れるよい機会となりました。