先週末で「6年生卒業おめでとうウィーク」が終了しました。

最終日の26日には、6年生から下級生にお返しのサプライズムービーが贈られ、各クラスで視聴しました。

コロナ禍で制限されてきた異学年交流ですが、お互いに相手を思い、伝え合う姿勢は改めて大切だと気付かされました。

来年度以降も、駒林のよさの一つである「たてわり活動」を通して、相手を思いやる心を育んでいければと考えています。