駒林小学校では、熱中症予防対策の1つとして、「WBGT指数」をもとに休み時間の過ごし方を決めています。

天候がよくても、WBGT指数が高い場合は内遊びとしています。

 

WBGT指数とは・・・

【以下、環境省「熱中症予防情報サイト」より抜粋】

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

 

 

校庭に専用の温度計を設置しています。

休み時間前には、校庭中央でも計測し、状態を確認しています。

外で遊べないときもありますが、今しばらくの我慢です。