2月21日(木)に横浜支援ネットワークのディレクトフォースの方々が来校し、理科の出前授業をしていただきました。

 食塩水と活性炭とアルミカップなどを使って電池を作る実験をして、電池から電気がつくられる原理を学びました。

 子ども達からどうしてかな?なんでだろう?などたくさんの疑問が出てくる楽しい授業になりました。