仕事について学ぶ ホンモノ体験を通して

 5年生では総合で「仕事って何だろう」をテーマに学習しています。

3月12日木曜日、実際に仕事をしている方を招いての出前授業を行いました。

講師は、ピアニストの若宮 由規子先生、落語家の柳谷 花いち先生、本校の校長、柴田 篤志先生です。

 それぞれの腕前を披露していただいた後、仕事についての様々なお話をいただきました。

写真1 写真2 写真3

若宮さんからは、好きなことを仕事として続けられることの素晴らしさ。

花いちさんからは、いつも全力で取り組み、努力し続けることの大切さ。

校長先生からは、仕事と責任、夢を持ち続けることの喜びを教えていただきました。

そしていつも通り、真剣なまなざしで話を聞き、紙いっぱいにメモをとる子どもたち。

仕事について、それぞれが大切なことを感じ取れた素敵な授業となりました。