6月13日(月)~17日(金)、今週は、いじめ予防週間です。いじめは人の心や身体を傷つける、あってはならない行為です。みんな一人一人、だれもが大切な存在です。「笑顔いっぱい みんなかがやく 北山田小学校」を目指して、今の学校が、学年が、クラスが居心地の良い状態なのか?困ったり、悲しんだりしでいる友達はいないのか?この週間の取組を通して、子どもたちと一緒に見直していきます。取組は次のようなものです。

〇学校生活アンケートの実施

〇いじめ予防教育の実施

 「だれもが居心地の良いクラスづくり」に向けての学級活動などの授業

〇ミニ面談の実施

 ※アンケートの結果を踏まえた担任とのミニ面談

 

そして、今日の朝会でも話をしました。「だれもが大切にされる学校」であるためにどんなことを考えたり、実践したりすればよいかについて投げかけてみました。

〇いじめはしないこと

〇いじめを大きくするダメダメなキーワード

・考え方の間違い(あれは遊びだ このくらいは大丈夫)

・アンバランスパワー(立場が弱いものをいじめる 大勢で一人をいじめる)

〇周りで見ている人たちが何もしない

・いじめを見逃すと、いじめをしている人たちに力をあたえてしまう

→自分がしていることはそんなに悪いことじゃないとかんちがいをさせる

・何もしないことにより、自分の感覚もマヒする

→感じる心がにぶくなり 悪いことへの反応がおそくなる

 

だから、「自分たちの集団を安全に保ち、いじめをなくす行動をすること」「クラスや友達との問題に向き合っていくこと」に取り組んでいきましょうと話しました。勇気と元気は使えば使うほど増えていくと聞いたことがあります。みんなで勇気を出して問題と向き合ったり、元気を出し合って集団をパワーアップしたりしてもらいたいなと思います。

また、いじめ予防に関する本のコーナーを設けてもらいました。昇降口に掲示してあります。ご来校の際にご覧になってみてください。

笑顔いっぱい みんなかがやく 北山田いじめ防止.pdf [917KB pdfファイル]