6月14日(月)~18日(金)は、いじめ予防週間です。いじめは、「相手の心や体に傷をつけ、つらい思いをさせてしまう」あってはならない行為です。2013年には、「いじめ防止対策推進法」という法律もでき、いじめのない学校づくりに取組んでいるところです。いじめが起こらないように、そして、起きてしまった場合はそのことにしっかり向き合い子どもの不安を取り除く努力をすることが大事だと考えています。

 今日の朝会で、「いじめをなくすために 考えてほしいこと」を子どもたちに話しました。

〇いじめは、人の心や体を深く傷つけること

〇いじめを起こさないために一人一人考えてほしいこと

〇みんなで居心地の良い集団をつくってほしいこと

 

 その後、リーダーシップ委員会の児童が、「だれにとっても居心地のよいクラスづくり」のための提案をしてくれました。それぞれのクラスで話し合ったことは掲示してみんなで見あいます。子どもたちの中からいろいろな取組が生まれることを楽しみにしています。リーダーシップ委員会の子どもたちの活躍にも期待しています。

 

 <学校での取組>

〇いじめを予防するための授業を行います。

〇子どもの困り感に寄り添います。

 ・アンケート

〇相談しやすい雰囲気づくりをします。

 ・児童と学級担任とのミニ面談の実施