委員会活動のねらいは、児童が学校生活上の課題を異学年で協働して解決することです。今年度の委員会は、特に前年度を踏襲することなく、「今、学校にとって解決が必要なことにみんなで取り組んでいこう」という姿勢が強く感じられます。

 中休み、職員室前の廊下を清掃する子どもたちに声をかけたら「環境委員会です」と言われました。校内の清掃時間が限られている中、普段より汚れが目立つ場所を環境委員会で清掃することになったそうです。みんなのために自主的の取り組む姿が頼もしいです。

 給食前に「パクパクだより」を放送で読んでくれているのは、給食委員会です。今までは、教室で当番の子が読んでいましたが、対面で読むことのリスクを避けるためもあり放送で読むことにしました。高学年なので、読むときにちょっとしたダジャレを添えたり、自分の給食体験談を盛り込んだりと工夫してくれています。

 飼育小屋のウサギたちのお世話を熱心にしてくれているのは、飼育委員会です。休校中から進んで手伝ってくれる児童がたくさんいて助けられていました。今は、飼育委員会がしっかり活動しています。「うさぎの毛はふわふわでかわいいよ」は委員会児童のことばです。生き物にやさしい子どもたちがたくさんいて嬉しいです。