本校では全教員が参加して、授業改善を目的に授業研究会を行っています。今年度は、プログラミング学習について、大学の先生のご指導も受けながら研究を進めています。そして、10月30日(金)に第1回目の授業研究会を行いました。

 プログラミング教育では、ICTを活用して「プログラミング的思考」を育成することを目指します。現代は、PCやタブレットなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会になっています。そのような世の中で生きていく子どもたちにとって、コンピューターを理解し、上手に活用していく力を身に付けることは、将来どのような職業に就くとしても極めて重要になってきます。そこで、新学習指導要領の改訂に伴い、小学校から段階的にプログラミング教育が導入されることになりました。

 

 今回の授業研究会では、1年生の「図工」と6年生の「よこはまの時間」における活用について授業提案されました。タブレットを上手に扱い身近な問題を解決しようとする姿や、自分の思いを表現するために何度もプログラムを組み直す姿が見られました。授業後の研究会では、子どもたちのもっている力を十分に発揮できるようどのように授業を改善していくのかについて活発な討議が行われました。新しい学習内容ではありますが、子どもたちをひきつける要素はたくさんあります。今後も効果的な授業を目指して取り組んでいきたいと思います。