クラブ活動のねらいのひとつに、「共通の興味・関心を追及するために、見通しをもったり振り返ったりしながら、自分のよさを生かして異年齢の友達と協力して運営したり活動に取り組んだりしようとすること」があります。コロナ禍の中、異年齢の友達との交流場面がなかなか設定できませんでしたが、クラブのメンバーをAB、2つのチームに分けて、分散して行うことにしました。今日がそのスタートの日でした。(Bチームは26日がスタートです)

各教室を回っていると、「今年はこんな活動がしたいと考えています」「クラブが楽しみでした」など、とてもいい笑顔で話してくれました。共通の興味・関心を追及する仲間と過ごす時間も大切です。例年より回数は少ないですが、その分人数も半分なので活動時間は保障されると思います。子どもの思いを生かし、充実した活動になるように努めていきたいと思います。

   そして、ここでも6年生や5年生がリーダーシップを発揮して、みんなの意見をまとめていました。それぞれの学年にあった役割を果たしている姿が頼もしいです。