9月1日に、総合防災訓練を実施しました。地震発災後、火事が発生した場合の避難の仕方を学びました。避難経路を確認し、校庭に出て話を聞きました。校庭の密を避けるために、1・3・5年生と2・4・6・年生に分かれて2部制で行いました。

 地震も火事もいつ、どんな場所で発災するか分かりません。どこの場所で災害にあっても、自分の命を守ることを意識した自助行動ができるようになってほしいと願っています。北山田小のみなさんの訓練の様子は、静かで迅速でとても安心しました。「訓練は本番のように、本番は訓練のように」を目指し、防災意識を高めていきたいと思います。

 今日は、全国的にも訓練が行われていると思います。ご家庭でも、「大きな地震が起きたときに家族が集合する場所」「家の中での危険な場所・安全な場所」「通学路での危険な場所・安全な場所」なとについて話題にしていただけると理解も深まると思います。