2年生が、生活科「小さななかまたち」の学習で、近くの公園で小さな生き物探しをしてきました。草むらや池の周りで見つけたたくさんの生き物を楽しそうに見せてくれました。「葉っぱのうらにかくれていたよ」「池の中にいたよ」いろいろな場所を探して見つけてきた生き物を大事そうに抱えていました。

   その後、どんなお世話をすればよいかを調べ、今は、教室で育てています。休み時間には、飼育小屋のわきにある花壇の周りで、カマキリの餌になるバッタをとっていました。学校の周りにも結構たくさんの虫たちが暮らしています。

飼育ケースには、草を入れて虫が過ごしやすい環境にしていました。教室で、見せてもらっていると子どもたちが集まってきます。自分では触れない子どもたちも、友だちが捕まえて見せてくれるのでじっくり観察できます。友だちと一緒なら楽しく生き物の世話ができますね。「小さななかまたち」を大事に育ててほしいなと思います。