『ひみつのビクビク』

フランチェスカ・サンナ(さく) なかがわちひろ(やく)

廣済堂(こうさいどう)あかつき

~ちいさな ビクビクは わたしだけの ひみつの ともだち~

主人公(しゅじんこう)(おんな)()には、おばけみたいな、かわいいひみつの(とも)だちがいます。

(とも)だちの名前(なまえ)は「ビクビク」。

(おんな)()は、なにかをこわいと(おも)気持(きも)ちを「ビクビク」と()んでいました。

(よる)のくらがりやほえる(いぬ)、こわいものに出会(であ)うたびに「ビクビク」は(おんな)()をまもってくれます。

ところがあるとき、「ビクビク」は(きゅう)(おお)きくなって、(おんな)()をじゃまするようになってしまいます。

3(がつ)から学校(がっこう)休校(きゅうこう)になり、不安(ふあん)気持(きも)ちをかかえている(ひと)(おお)いかもしれません。(わたし)もそうです。

あなたの「ビクビク」は、(いま)どのくらいの(おお)きさかな?どんなかたちかな?

こわいな、心配(しんぱい)だなと(おも)気持(きも)ちも、みんなあなたのことを(まも)大切(たいせつ)な気持ちです。この絵本(えほん)は「ビクビク」と一緒(いっしょ)にいるのは、あなた一人(ひとり)じゃないよ、とそっと(おし)えてくれます。

(なが)いお(やす)みの(あいだ)学校(がっこう)図書館(としょかん)からみなさんに(ほん)()わたせなかったことを大変(たいへん)心苦(こころぐる)しく(おも)います。

 

学校(がっこう)図書館(としょかん)はみなさんが読書(どくしょ)(たの)しむこと、知識(ちしき)()ること、(こころ)をあたたかくすることができるよう、準備(じゅんび)(すす)めています。みなさんに()える()を、(たの)しみにしています。