令和4年度 学校運営方針

1 学校教育目標  『笑顔とやさしさをつなげていく北方の子』

(知)知識・技能を身につけ、共に学びあう中で培った力を、様々な場面で生かす子どもを育てます。

(徳)自他の良さを知り、共に大切にする思いやりの心を育てます。

(体)心身ともに健康で、進んで運動に取り組む、たくましい子どもを育てます。

(公)自分たちの地域を愛し、社会(地域)の一員として共にかかわる子どもを育てます。

(開)自分の役割を自覚し、自ら取り組む、自立した子どもを育てます。

 

2 学校教育目標の具現化に向けて

 

(1) 一人ひとりを大切にして寄り添い、安心して過ごせる学級づくり・学校づくりをすすめます。

・一人ひとりを認めて教職員との信頼関係を築き、ほめて育てていくことで、子どもの自信と意欲につなげ、自己有用感を育みます。

・子ども同士でほめあい、認め合う機会を作り、お互いを大切にできる心情を育てます。

・相手の話をしっかり聴く姿勢を育てます。

・お互いに安心して過ごせる場として必要な 生活・学習の規律や約束を指導し、規範意識を高めていきます。

・ たてわり活動や全児童が一緒に取り組む活動を通して、お互いの成長を認め合える場を設定するとともに、憧れられる(頼りにされる)高学年を育てることにより、下学年を育てることにつなげます。

・いじめ防止基本方針に則りながら、 生活アンケートや子ども面談等を実施し、子どもたちの困りや悩みに早期に気付き、いじめのない学校生活をめざします。

・ 子どもの豊かな人間関係作りのために、担任・ 児童支援専任 ・養護教諭・ 学校カウンセラー をはじめとして、その他すべての教職員と連携を図りながら、学校全体で子どもにかかわっていきます。

(2)持続可能な社会の担い手育成(SDGs)を意識し、どの子も「わかる」「できる」「おもしろい」授業づくりをめざします。

・ 豊かなかかわりの中で主体的に学ぶ子どもを育成できるよう、教師の授業力向上をめざします。

・ ダイバーシティ(多様性)と国連の定める17の持続可能な開発目標(SDGs)を意識します。

・一人ひとりの子どもに適切な指導と必要な支援の充実を図るために、教育・医療・福祉等の関係機関との連携を一層図っていきます。

・幼保小連携を進め、幼児教育との円滑な接続と、双方の保育教育の充実をめざします。

・学校司書を積極的に活用した読書活動と、教員や保護者有志による読み聞かせ・読書タイムを大切にして、本に親しむ機会を増やし、本好きな子どもを育てます。

(3)コロナ禍であってもできることや方法を探り、特色ある教育活動に取り組みます。

・人 ・ もの ・こと・本物を大切にした体験的な学びを大切にします。

地域資源の活用

港の見える丘公園 、山下公園、ズーラシア、その他学校周辺の地域資源、キリンビール工場、 警察署、市民防災センター、環境資源局、等

宿泊体験学習

4年野島、5年片品スキー、6年片品村での体験活動

交流

幼保小、山手中華学校、オーストラリア姉妹校

プロ・トップアスリート ラグビー 等、神奈川フィルハーモニー 、にぎわい座、等

・3、4年生での算数少人数・T・T指導、高学年での一部教科分担・専科制に取り組むことで、学習の基礎基本の定着を図り、より多くの教職員が関わった教育活動の実施に努めます。

・黙働清掃に取り組むことで、自分が生活するところをきれいにしようという気持ちを育み、学級や学校のために友達と力を合わせて働くことの意義を理解できるようにします。

・引き続き北方ストレッチに取り組み、体力向上とケガの防止に努めます。

(4) 信頼される教職員・安全な学校づくりをめざします。

・教育公務員として高い倫理観と公務員としての自覚を持って行動し、法規及び服務規律を遵守する教職員および学校組織を作ります。

・人権感覚を高めることに努め、差別やいじめを絶対に許さないとする態度で教育活動にあたります。

・新型コロナウィルスへの対応については、ガイドラインや通知に基づき、適切に進めていきます。

・アレルギー対応を含む給食指導や、感染症等の対応を含む保健衛生指導、防災安全について、意識を高めて適切に対応できるようにします。

・校内でのけが予防と事故防止に向けて、危機管理意識をもって教育活動にあたります。

・報告、連絡、相談、確認、情報共有の徹底に努めます。

(5) 学校と、保護者・地域との連携を推進します。

・事実に基づいた正確で迅速な情報の提供を心掛け、教育活動へのご理解とご協力をいただけるようにします。

・昨年度10月に立ち上げた「学校運営協議会」の充実を図ります。

・コロナ対応をした上での創立150周年行事を実施します。

(6) 教育環境を整備します。

・校舎内外の修繕について、必要に応じて適切かつ迅速に進め、古い設備の更新に努めます。

・引き続き、GIGAスクールを推進し、ICT機器を活用した学習の充実を図っていきます。

・特別支援教室の環境とカリキュラムの整備をすすめます。

3 本年度の重点的取組

(1)信頼される教職員・安全な学校づくり

・教育公務員として誇りと自覚をもち、皆様から信頼される学校づくりに努めます。

(2)学習指導と評価の充実に向けた研究の推進

・新学習指導要領で示されている『教科横断的な視点に立った資質・能力の育成』に向け、一昨年度まで取り組

んできた学校図書館教育研究を土台にして、全ての基礎となる国語科教育の研究をすすめ、授業力の向上を

図ると同時に、適切な評価の在り方についても研究をすすめます。

(3)人権教育・国際交流教育の推進

・人権教育推進校として、港中学校ブロック内での協働連携により、人権教育を推進します。

・オーストラリア交流について、コロナ禍でも推進に努めます。交流校の見直しがあります。

(4)働き方改革の推進

・教職員の、授業力向上へ取り組む時間を増やして指導・支援の質を高められように努めます。

・元気に子どもたちへの指導・支援にあたれるように、教職員のワークライフバランスを確保し、心身ともに

健康な教職員集団を作ります。

業務改善と学校組織の合理化(研修・会議の設定工夫、ミライム導入試行)

業務のアウトソーシングの活用(ワックスがけ、データ処理等)

 

横浜市立北方小学校

校長  今野 裕子