図工で信楽焼きに取り組みました。じっくりと成形し、窯に入れてからは、焼きあがりを心待ちにしていました。素焼きした器に、釉薬を塗って再度焼き、温かみのある作品が仕上がりました。ホールに飾り、互いの作品を鑑賞し合って楽しみました。