毎年、6年生のこの時期に行っている「バイキング給食」。今年度も学級ごとに家庭科室を利用して行いました。
 6年間で1度しかない、子どもたちも楽しみにしている「バイキング給食」ですが、事前に家庭科の学習の中で、栄養バランスを考えて選ぶメニューを決めるという“食育”の意味も含まれています。
 フルーツやゼリーもついた給食に、子どもたちは満足そうな表情をしていました。